百姓一揆#1


SUMMARY

水呑百姓東京による企画第一弾
日本橋馬喰町の廃ビルを舞台に VJ・インスタレーション・音楽・ペイントで埋め尽くします


DATE

7月8日(日) OPEN 13:30 START 14:00


PERFORMER

DJ: tomad / kyo / SLUSHO / Yuki Kawasaki

live paint: 竹谷嘉人 / えばと / KATHMI / たなかあずさ +more!

POP UP SHOP: 銀、真鍮


TICKET

前売り:2500円 door:3000円


※チケットの前売りは終了致しました。 当日券のお求めは直接会場にお越しになってくださいますようお願い致します。
チケット販売ページ   チケット発行ページ


会場までの道順

会場の目印

フロアマップ



参加アーティスト

DJ


tomad



05年、当時15歳でインターネットレーベル「Maltine Records」を開始。
これまでに150タイトルをリリース。同レーベルは、「The Japan Times」「MTV81」などの海外メディアでも紹介され、ダンスポップミュージックの新しいシーンと、東京の同時代のイメージを象徴する存在として注目されている。
近年には、ニューヨークやロンドンでもイベントを開催し、海外アーティストの楽曲リリースも多数。2015年には設立10周年を記念し、レーベルの活動をまとめた「Maltine Book」(スイッチパブリッシング)を刊行。現在は、アパレルやアイドルとのコラボ、楽曲のリミックスプロデュース等も手がけている。


kyo



1997年、福岡生まれ。
中学時代にゲームセンターで出会った音楽ゲームに青春を奪われた結果、それを取り返すかのようにトラックメイクを始める。
そのまま中高すべてを音楽に費やし、勢いで東京藝術大学に入学。現在は都内での出演の傍ら、秋葉原MOGRAでのバイトをすることでDJとアニメの知識を増やし、それを元にテクノからアニソンまで幅広いジャンルのmixを展開している。
最近の悩みは、97年生まれと思われないこととサイコパス扱いされること。


SLUSHO

iflyer
soundcloud


都内で活動しているDJ・トラックメイカー。 2013年から中目黒Solfa、渋谷moduleなどでDJ出演・イベントのオーガナイズなどを開始する。 2014年からはトラックメイクもはじめ、現在はSLUSHO名義でDrum&BassやBass Musicの制作を行っている。


Yuki Kawasaki



from Mixmag Japan。 オルタナティブな日本のクラブシーンを世の中に広めるため、日夜奔走中。映画館にもよく現れる。



PAINTER


竹谷嘉人



東京在住の絵描き。
イラストから壁画からテキスタイルから路上まで独特の線描とabstractなアートパフォーマンスは国内外でも評価を得る。
ライブペイントバトルの大会ではアナログ(L.A.B)では日本二連覇。


えばと



1990年生まれ 東京都在住。
専門学校卒業後、就職。
約6年間ガス会社等の販促物のデザインに携わる。
現在、幾重にも重なる独自の線描でSNSやアートイベントを中心に活動中。


KATHMI



1993年福岡生まれ都内在住。
Googleカンファレンスや岩田屋などのイベントでライブペイントをしたり、PARCOや都内IT系のオフィスや日本各地の飲食店に絵画。


たなかあずさ



20歳でアートチームを結成し、専門学校卒業後フリーランスで活動を開始。
自身の活動を「植物化計画」と題し、誰もが穏やかに誰からも嫌われないような植物をアートに落とし込む計画を行う。
渋谷PARCO壁画ペイント、アパレルショップの壁画ペイント、ライブペイント、CDジャケットのイラスト等の製作、その他自身のデザインしたタトゥーシールやトートバッグの販売され、マルチな才能を発揮している。



POP UP SHOP


銀、真鍮。



ginshinchu.com

飾りすぎないシンプルな装飾具を制作


チケットはこちらから!!

チケット販売ページ   チケット発行ページ